トーシンコーポレーションでは、あらゆる現場に対応できるよう植栽基盤・登ハン用資材をそろえています。
特にトーシンコーポレーションが独自に開発した「FRP 連結」は、幅の広い壁面に合わせやすく、連結することで植物の根の生育を自然に促すことができることから、壁面緑化にもおすすめしています。

植栽基盤

トーシンコーポレーションはあらゆる現場に対応できるよう、壁面緑化の資材をご用意しています。

FRP連結

屋上や上層階に最適な「FRP連結」は、プランター同士が連結されているので、根のルーピングを防ぎ、植物の健全な生育を促します。見た目にも連結した植栽帯となるので、すっきりした空間を演出いたします。

設置するだけの簡単施工が最大の利点である「プランター」は、さまざまな寸法とテクスチャーをご用意しています。
また、意匠性と耐久性を兼ね備えたGRC製や軽量なFRP製など、現場にあわせた選択が可能です。

現場に合わせて自由に設計ができる「TLCパネル」は、緑化面積に合わせて土容量を確保することが可能です。
また、出幅を大きくして、手前の部分を花壇にするなど、景観の自在性が大きく広がります。

登ハン用資材

登ハン用資材は、壁面状況と植物、目的を考慮し、構造や耐久性、設置方法など充分検討してお選びください。

植物がワイヤーにしっかりと巻きつきます

室内に光を取り込める、ワイヤータイプ。
植物に優しく、植物との相性を探求した植物に最も適する緑化専用ワイヤーです。

被覆率が高い二層構造のフェンスタイプ
二層構造のメッシュフェンスにツルが良く巻きつき緑化の効率が上がります。

壁面温度を低減する、パネルタイプ
常緑の付着型ツル植物の登ハンを促進させるヘデラ登ハンシステムです。

壁面緑化技術資料

壁面緑化は多くの場合、維持管理を容易に行うことができません。したがって、植栽後の水やりや剪定・誘引などのメンテナンスを充分に考慮したうえで、計画・設計を進める必要があります。

壁面緑化を計画・設計する上でのチェックポイン卜

  • ・壁面の調査・確認
  • ・適切な植栽基盤の確保
  • ・適切な植物の選択
  • ・適切な登ハン用資材の選択