これからのカロート(納骨堂)は心で選ぶ時代です。

カロートとは墓石の下の地下部分に設ける骨壷を収納するスペースのことです。 いつまでも変わることのない大切な方への清浄な想いを、心を込めてカタチに仕上げました。壁面いっぱいの仏陀の世界、般若心経262文字の濃密なる経典と楽天像観音像など、大切な方のために心で選ぶこだわりのカロートです。

トーシンカロートは、新素材GRC(ガラス繊維強化セメント)を特殊成形技術で形成され自然石に限りなく近い製品として誕生しました。従来のコンクリートや自然石に比べてきわめて軽量で運搬・施工が容易です。特に意匠性に優れ、普通セメントでは期待し得ないデザインが実現しました。 一体成型カロートと組立て式カロートをご用意しています。

意匠登録済み

【お客様からの喜びの声をいただきました。】

(1)以前から、納骨堂は何か良い物がないかと考えておりました。 トーシンのカロートをいくつかの墓石に入れたところ、軽くて丈夫で、大変施工が簡単で美しく仕上がりました。 墓石のなかでも、特に見えない部分ですが大変大事な所と考えております。お施主様のニーズに答えられる商品と考えております。 (新潟県村松町・石材業)

(2)お客様より、納骨堂を石で作り内側に般若心経を入れてほしいとの注文を受け、忙しい時期にどうしようかと思っていたところ「般若心経入りカロート」の説明を受け、現品をお客様に見せたところ大変気に入っていただき、その後は全てのお墓にカロートを使いお客様に喜んでもらっています。 (山形県寒河江市・石材店)

(3)去年初めてカロートを使用してみました。使用することをお施主様に伝えていなかったのですが、組骨に立ち合った時、中をお見せしたら大変感激され、さぞやご先祖様も満足することでしょうと、居合わせた親戚一堂より絶賛のお言葉をいただき、その後全墓碑に使用しております。 それが信頼につながり、今年は過去最高の売り上げと利益を上げることができました。他社との差別化商品として注目しております。 (山形県酒田市・石材センター)

一体成型の魅力

  1. (1)軽いから搬入・運搬がらくらく。(従来コンクリートの半分以下)
  2. (2)現場組立なし。埋め戻しが即時にできます。
  3. (3)GRC(ガラス繊維強化セメント)は耐久性抜群。一体型で11tの耐荷重。
    (組立型は30t)

下地基礎づくり

石組とカロート設置

周囲コンクリート打ち

カロート埋め戻し

完成

GRC製カロートの堅牢さは荷重試験結果で証明されています。

彫刻カロート蓮花の荷重試験結果(財団法人建材試験センター)

試験体
名称 カロート蓮花(納骨堂)
形状・寸法種類 1170×750×660
種類 GRC製
数量 1個
試験日 平成3年9月2日
試験方法
試験機 50tf構造物曲げ試験機
試験結果
最大荷重tf
(KN)
破壊箇所
30.5(229) 左側側面上部の
加圧面端部

※一体成形品は荷重11トンまで試験済み。